【緊急!!!】 カニが大安売り!!!!

おすすめ! レンタルサーバ

VPSサーバ 最強!!!!!

Webショップ開くならここかな!

おすすめ!スタンダードなレンタルサーバ

ここもお勧め!費用×仕様 最高!

女の子でも簡単!初心者向けレンタルサーバ

企業向け 堅い&しっかりレンタルサーバ

Recent Comment

Recent Trackback

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2010.10.20 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

インストールCDからの起動

作成したCD洗濯したパソコンに入れ電源を入れる
・・・
壊れたWindows98が起動したので、電源入後 F2からBIOSのセットアップ画面へ
起動優先順位をHDDからCDに変更

で、再び起動
今度はGentooの起動画面が出てきた
boot: で止まっている
ここでブートオプションを入れるのだろう・・・
今はよく解らないから、Enterキーでそのまま起動してみた

起動プロセスが始まる
・・・
ん? 画面が変・・・
よく見ると画面の物理的な範囲に比べて、表示しようとしている画面が大きすぎてはみ出ている
というか、右と下が切れているのだ
とりあえずそのまま起動プロセスが終わるのを待つ
うーん やっぱり切れている
右が多少切れるのは我慢できるが、画面の下が切れるとコマンド打っても見えないからどうしようもない
たぶん、ディスプレイ関係のデバイスが対応していないのだろう・・・
とりあえず再起動
reboot と何も見えない状態で入力、Enter
何とか再起動できた

GentooのWebを見てみた
このように画面表示にトラブルがある場合、GUIではなくCUIでの起動となるため、boot時にオプションで「nofb」(フレームバッファを無効)と入れるそうだ

【その他、必要と思われるオプション】
dokeymap(キーマップをセットする)->標準がUSのキーボードのため、日本語109に設定する必要がある
dopcmcia(PCカードを有効)->ネットワークカードで使用するので必要

以上のオプションを付けて、再度起動してみた
boot:nofb dokeymap dopcmcia

ブートプロセスが始まる
特に問題なくCUIでの画面での起動ができた
コマンドもまとも打てるようだ

スポンサーサイト

  • 2010.10.20 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック